お日さまを見て居りました。

花巻 ポラン寄席参加メンバーに青空インタビュー!

第6回は、これまでのブログでインタビュアーを担当していた山本将弘!
2014年 銀河鉄道の夜 本公演 マルソ 2016年 8月 若手公演 で「さるのこしかけ」を演じています。
ムードメーカーな筋肉担当、山本将弘。

花巻では、「十力の金剛石」の大臣の子を演じます。


鈴木:十力の金剛石はどんなお話ですか?

山本:十力の金剛石は難しい漢字が出てくるんですよ。例えば、猫睛石(キャッツアイ)や紫水晶(アメシスト)っていう、宝石の名前なんですけど、そう言うのが沢山出てくるんです。それだけ色々な宝石が出てくるだけあって、色鮮やかでキラキラしていますな。

鈴木:きらびやかな作品、という事ですね。

山本:そうですね。あ!それから、歌が途中に入るので、なんか呪文みたいな感じで。花たちが歌うんですけどね、それがあんまり他の作品にはないので、新鮮だなと思います。

鈴木:なるほど。山本くんは、今回大臣の子で出演していますが、彼はどんな人物ですか?

山本:主人公の王子様がいるんですけど、彼に一番近い、王子様が気軽に接せる友達みたいな存在ですね。だから王子様と一緒にこの物語でも冒険してるんですよね。それと、自然を愛してるんです。太陽に対しても話してたりして、自然を愛する心優しい少年、って感じですかね。まあ、気は少し弱いですけど(笑)

鈴木:では、作品の見所や楽しいところは?

山本:そうですねぇ、自然界に存在する虹とか太陽とか自分たちが実際に見る事ができるものについて2人が話しているので、それを現実で見てみて、自分が実際どう感じるかというのを考えられる所ですかね。
2人の見る世界って本当に輝いているので。
あとは、花も沢山出てくるんですよ。

鈴木:それはどんな花ですか?

山本:りんだうとかうめばちそうですね。
その花々に対する表現も素敵なので、見所の1つですね。

鈴木:その登場人物の中で、自分が一番似ていると思う人物は誰ですか?

山本:僕は鳥とか虫とか花とか自然が好きなので、だからそれが大臣に似てる所かなって。

鈴木:ほうほう………え、大臣!?

山本:あ、大臣の子です!子!!

鈴木:(笑)

山本:いや〜すみません(笑)
あと、王子様にも似てますね。僕、バイクが好きでよく乗るんですけど、さっき自然が好きって言いながら、排気ガスで自然を汚してるわけじゃないですか。それが、王子様がさるとりいばらを切ってしまう所と通ずる所があるな、と。
あと、少し強引な所も似てるかな。

鈴木:逆に似てないのは?

山本:花でしょう、やっぱり。僕はああいう繊細な感じはないので(苦笑)

鈴木:確かに、花っていう感じではないですもんね(笑)
ちなみに、蛇足なんですが、今回沢山ある演目の中で山本くんがこれが一番オススメだよ!っていうのは誰の演目ですか?

山本:これがオススメだよーっていうのは、石神くんが語る「さるのこしかけ」。

鈴木:その心は!!

山本:僕も語った事があるから(笑)

鈴木:はっはっは(笑)
はい!ありがとうございます!
では、最後に今回の寄席に対する意気込みをどうぞ!

山本:今回は13作品という事で1人語りてんこ盛りなのですが、1人で語るというパワーをみなさんに感じて欲しいですね!
あともう1つは、頑張って沢山お客さん呼びます…!

鈴木:山本将弘さんでしたー!

当日は山本将弘が呼び込みでも活躍してます!
得意のセールストークが炸裂するのか!

7月23日(日)
ポラン寄席 10:30開演
宮沢賢治イーハトーブ館ホール
入場料:500円
お出入り自由

ポランの会 Twitter
@polan_ginga
HPはこちらから!