ルビーよりも金剛石!!

3周目です。
どうも、石神哲朗です。

6月も佳境に入り、いよいよ7月も間近。
7月に入ったらポラン寄席も間近!!
ohマジか …マジです!!!
皆必死こいて稽古に励んでます!!

はてさて、本日のブログテーマは「十力の金剛石」より。

サルトリイバラ
お、前回の「さるのこしかけ」に続いてまたさる関連だ!

サルトリイバラ…猿を捕る茨?
猿も大変なんすね…(小並感)


(phot Wikipedia)

写真では見えにくいですが、猿が歩いてて捕まらずとも、なんか引っかかりそうな位にはトゲトゲしてます。
ちなみにサルトリイバラの花言葉は。

不屈の精神、屈強、元気

おぉ、カッコいい!
なかなかに前向きな花言葉!!
そんなちょっと強そうなサルトリイバラ、
根っこの部分薬用としても機能するとか。

あと、クリスマスのリースの飾りに赤い実がありますよね、本当はセイヨウヒイラギが使われてますけどサルトリイバラの実も使われる事があるそうです。


(phot Wikipedia)
結構色んな所で使われているんですねサルトリイバラ。

さてさてそんなサルトリイバラ「十力の金剛石」では王子が引っかかってしまう描写があります。

【小藪のそばを通るとき、さるとりいばらが緑色の沢山のかぎを出して、王子の着物をつかんで引き留めやうとしました。はなさうとしても仲々はなれませんでした。 王子は面倒臭くなったので剣をぬいていきなり小藪をばらんと切ってしまひした。 】

なんて乱暴な王子なんでしょうo(`ω´ )o
そんな王子も「十力の金剛石」と出会い、最後にまたサルトリイバラに引っかかった時には…


【一本のさるとりいばらがにはかにすこしの青い鈎を出して王子 の足に引っかけました。王子はかゞんでしづかにそれをはづしました。】

十力の金剛石に出会って王子も何か変わったようです。
十力の金剛石とは一体なんだったのでしょうか…?
そしてサルトリイバラは何を思って王子を引き留めようとしたのか。

十力の金剛石、調べてみると色々と深いっすよぉ〜( ゚д゚)

そんな十力の金剛石。
私、石神、なんと王子役で出ます。
もう一度言います。
王子役で出ます!!

うわ、自分で言いながらめっちゃプレッシャー.°(ಗдಗ。)°.
ご来場いただける皆様に様々な十力の金剛石をお届け出来るよう頑張るっす。

自分も十力の金剛石探しに行きます!!
ではまた。

7月23日(日)
ポラン寄席 10:30開演
宮沢賢治イーハトーブ館ホール
入場料:500円
お出入り自由

ポランの会 Twitter
@polan_ginga
HPはこちらから!