背中合わせの君

どうもお久しぶりです!
ジョバンニ役の渡辺萌奈です。

一昨日は中秋の名月でしたねー!
丁度、銀河鉄道の夜の稽古でして、その帰り道ふと目を上げるととても綺麗なお月さんがいらっしゃったので、思わず立ち止まって暫く見入ってしまいました。
ジョバンニじゃないけど、私もあのお星さんやお月さんのなかをどこまでも旅したいなぁとぼんやり考えていました。

さて、今回の演目は「銀河鉄道の夜」
私にとって感慨深い作品です。

なんだか長くなりそうな予感がしますが…笑
ぽつぽつ書いていきますので、お付き合い下さると嬉しいです!^^*

2014年の夏。
ポランの会に出逢いました。

ポランの会で始めて出逢った作品が「銀河鉄道の夜」でした。

右も左もわからなかった最初の年に、
若手公演でカンパネルラをやらせて頂きました。
たった3ヶ月くらいで舞台を作ったのはいい思い出です笑
あとゲネプロで二千円頂戴したのも良い思い出…笑
今思うと「おいおい……」と思うことも、まだまだ足りなかった事も沢山沢山ありますが、
若手公演は…カンパネルラは、あの時の私の精一杯をぶつける事ができたと思います。

それから3年。
今度の銀河鉄道ではジョバンニと旅をします。

3年の間に宮澤賢治さんの作品に沢山触れて、実際にイーハトーブにも行けて、美しい景色を見れました。
改めて銀河鉄道の夜を読むと、ここはこういう表現をしていたんだという発見もあれば、
前回のブログで彩木さんが言っていたような謎もまだまだあります。
読めば読むほど銀河鉄道の夜の世界に引き込まれていきます。面白い!

以前カンパネルラをやって、そして今回ジョバンニ、という事で………うーん!うまい事言えないんですけど、(笑)
自分の体感では、以前とは全然違うふうに物語が進んでいくんです。
列車の中も、同じ景色を見ているんですけど時間の流れ方とかそこで出逢う人達から受ける印象とか、想いとか…。
それを今回感じられてとても面白く思います。
同じ物語でも、こんなに感じ方が変わるのかって。

逆に同じ…というか、似てるのは、
ジョバンニもカンパネルラもお互いの事を想っているんだな、と。
ふたつでひとつ、表と裏、光と影…。
対象な様でそうではない。
だからといって同一ではない。
それだから、ジョバンニは現世で、カンパネルラは銀河で別々の方へ進むのではないのかなと私は思うのです。
[目に見える繋がりが全てではない。]
賢治さんがそう教えてくれてるような気がします。

ジョバンニばかりにスポットが当たりがちですが、
カンパネルラもこの銀河鉄道の列車に乗ってから成長してると思います。
その辺にも注目して観て頂けると嬉しいです!!!

今回の銀河鉄道の夜はヒーリングステージという事で、とても舞台も綺麗な感じになっております。
なんだか、自分が星の中にいるみたいな感覚になってくるんです。
そんな美しい、心地良い銀河鉄道に皆さんと一緒に乗れるのを楽しみにしています♪

渡辺萌奈

チケットまだまだ受付中です
お申込みはこちら

ご予約お待ちしています。

10/8(日)ヒーリングステージ『銀河鉄道の夜』~1日限りの銀河のお祭り~
開演 : 13時00分(開場は開演の30分前です)
料金 : 前売 2000円・当日 2300円 (全席自由)

★ご来場の皆様にポランの会オリジナルブレンドティープレゼント(お味はお選びいただけません)