あ〜どす恋どす恋


どうもこんばんは。
絶賛筋肉痛の鈴木です。遅れて筋肉痛が来ないくらいにはまだ体は若いようです。
自転車を盗まれてこっち、趣味のサイクリングができなくなってしまったので
全く不便な上に運動不足になってしまったのかも。
うーん。新しい自転車欲しいなあ。

ここ最近、大雨の影響が各地で大きく報道されています。
このブログをご覧の方は、きっと大丈夫だと信じておりますが、
何事も過剰になれば毒になるのは必然。
もしご自宅周辺で天候が荒れ模様の時は、無茶なことはせず安全にお過ごしくださいね。
今度の台風も大変な勢いだそうですので…。

それはさておき、鈴木は先日の稽古で3時間以上に及ぶ集中稽古を行いました。
ただでさえ長い「蜘蛛となめくぢと狸」の集中稽古…聞くだけでイーっとなりますね。
おまけに普通に声を出すだけならまだいいのですが、この日は肉体を酷使しまくっての稽古…。
特に鈴木の弱点の下半身を重点的に鍛え直すかのような稽古でした。
実は鈴木は昔から体が大きかったのでそれにより横着をするくせがありまして。
上半身の稼働だけで済ませられることは済ませてしまう横着ぶりが災いして、
子供の頃から下半身が弱いという弱点を抱えていました。
仮面ライダーに出てきた怪人毒ダリアンかな?(頭が大きくて下半身が弱い)
下半身が弱いので、剣道の試合前などは蹲踞の姿勢を維持するのが大変でした。
もっと鍛えておけばよかった…。

そして、そこまでして何を稽古していたかと申しますと。
なめくぢの相撲のシーンの
「四股」のフォームの矯正
だったのです。
相撲といえば、なめくぢを語る上では欠かせない要素、そこで鈴木も美しく四股を踏み、
かっこよくカタツムリを秘匿投げつけてみせよ!
とボスからの指令のもと、下半身がへなちょこの鈴木の猛特訓となったのでした。
親愛なるマイフレンドの山本くん(MC担当)がその歪みない筋肉を存分に使って僕にお手本を見せてくれたので、
それを参考に四股を踏み踏み…。
案の定、1時間程度やっていただけで下半身は生まれたての子鹿のようにバイブレーションしてしまいました。
やはり忙しさにかまけて体を鍛える時間を減らしたのがいけなかったのか…。

しかし、その日に厳しく見直していただいたおかげで、その翌日の稽古では筋肉痛にはなっていたものの、
以前より格段に良いフォームで四股が踏めるようになりました!やったね!
この調子でもっと足を上げて、綺麗な四股が踏めるようになりたいなあ。

しかし安心したのも束の間。
安心していた鈴木の前に立ちはだかったのは、
手長の蜘蛛を魅了するような歌という、
鈴木にとって最悪の相性の強敵(課題)だった…。

しゃらくせーーーーーーーー!
どんな課題だろうがやっつけてやらぁ!

鈴木の今後やいかに。